スタッフブログ Part2
  1. ホーム
  2.  🦷口腔ケア委員会🦷

 🦷口腔ケア委員会🦷

皆さんこんにちは。今月は慈恵園にて開催されました。🦷

3名様の様子をご紹介いたします。

N様 

・歯茎が痩せている事もあり歯と歯の隙間や、歯茎間に汚れが付着し菌が増えていきます。

✅歯茎の毛先を当てて磨く

✅奥歯は口角から歯ブラシを入れて磨く

萩原歯科衛生士より、N様のうがい・歯磨きと自立しているので磨き残しの部分を

確認していきましょう。

続いてN様

・上は総入れ歯だが、下は部分入れ歯の為、自歯があり磨き残しがありました。

✅1日1回 昼食後に仕上げ磨きをしていきましょう。

✅義歯ブラシで自歯を磨かず義歯のみを磨きましょう。歯ブラシで義歯を磨くことは問題ありません。

続いてM様

数本の自歯があるが、M様は歯がある事を意識されていない事で歯磨きをされていなかった。

✅1日1回、空いている時間で歯磨きをして頂き、歯がある事を意識して頂きましょう。

✅自分で思ってる程、歯が奥にある事を意識して頂きましょう。今後は、歯磨きの状況の経過を見ていきます。

最後に、萩原歯科衛生士より

①舌の筋力も衰える。

舌が正しい位置にあるか???→舌全体が上顎にぴったりと付いている事。

多くの方が、舌先が少し上顎に触れるくらい触れていない。

落ち舌状態→舌が下がるとその重みで口が開いてしまい鼻呼吸ではなく口呼吸の原因に…

「落ち舌の健康リスク」

・食事を飲み込む力の低下(栄養不足、体力低下)

・高齢者の誤嚥性肺炎

・唾液の減少(虫歯、歯周病)

・風邪、インフルエンザ等の感染症

・アレルギー疾患(花粉症、喘息、アトピー)

・イビキ、睡眠時無呼吸症候群(睡眠の質の低下、日中の慢性的な疲労、高血圧)

✅50歳以上の方は、口腔機能が下がる為舌回しや、「あいうべ体操」を行い

舌の筋力を鍛えましょう💪

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

来月も園内で行います。

採用情報 外国人特定技能介護人材